ディスタンス系ボールとは

とにかく飛んだほうがいいという人向けに開発されたゴルフボール。

ディスタンス系ボールとは

とにかく飛んだほうがいいという人向けに開発されたゴルフボール。

ディスタンス系ゴルフボールとは、飛ばしたいと思うゴルファーのために開発されたボールのこと。

ゴルフボールの中心「コア」が柔らかくできているため、ヘッドスピードが遅い人が打ってもボールがつぶれて反発してボールが飛んでいく。さらに、ボールに余計なスピンがかからないため曲がりも少なく飛距離を出すことができるゴルフボール。

例えば、ドライバーが安定しない人がスピン系のゴルフボールを使うと、スピンがかかり余計に曲がってしまう。

その点、ディスタンス系ボールは、スピンがかかりにくいのでボールが曲がりにくく、ドライバーショットやフェウェイウッド、ユーティリティなどで距離を稼ぐことができる。

ディスタンス系ボールとは 関連記事

Top へ