ゴルフボールの選び方おまかせ

ゴルフは好きなボールを使用することができるスポーツ。つまり、ゴルフボールの選び方ひとつでゴルフが違ってくる。そんなゴルフボールにこだわってみませんか?

ゴルフボールの選びの基準は

ヘッドスピードの速さに合ったゴルフボールを選ぶ。
ゴルフボールの選び方として思いつくのが、トッププロが使用するゴルフボールを選ぶ選び方ですよね。

でも本当にそれで良いと思いますか?
やはりゴルフボールは自分にあったボールを選ぶべきです。

ゴルフボール選びの基準は、ヘッドスピードの速さ。

ヘッドスピードが速ければ速いほどゴルフボールの飛びに影響します。
そのため、ゴルフボールの選び方の例として、

ヘッドスピードの速い人で安定度に欠ける人は、
スピン量を抑えたディスタンス系の方が曲がりも少なく、
ランも出るのでオススメのゴルフボールになります。

また、女性ゴルファーのほとんどがヘッドスピードが遅いため、
硬いボールを使うと、そのボールの性能を引き出すことができずに
飛距離を落としてしまいます。

したがって初心者やヘッドスピードの遅いゴルファーは、
柔らかいディスタンス系を選ぶのがゴルフボールの選び方のポイントになります。

つまり、
自分に合ったゴルフボールを選ぶことができれば、
ヘッドスピードの速い人でも遅い人でも
飛距離やスピン量をコントロールすることができ、

結果的にゴルフが楽しくプレイできる可能性が見えてくるといえます。


ロストボールはネーム入りがお買い得

ロストボールはネーム入りがランクが下がるのでお買い得
ロストボールはネーム入りがお買い得のイメージ画像
やすいゴルフボールと言えば、ロストボールですよね。

その中でも、「ゼクシオ」など名の知れたゴルフボールで状態がよければ、比較的価格は高い高級なロストボールとなる。

しかし、そんな高級ロストボールもネームが入ると、ランクが下げられるんです。

なので、ネーム入りなんて気にならない!

そんな人には、ワンランク下げられたロストボールがお買い得ですよ。


世界最多ディンプル数でゴルフボールを選ぶ

世界最多ディンプル数で空気抵抗を抑えてゴルフボールを飛ばす
世界最多ディンプル数でゴルフボールを選ぶのイメージ画像
ゴルフボールには、ディンプルがあり、このディンプルのおかげで安定した飛距離が出せている。

ディンプルには、いろんな形もあれば数も違う。

このディンプルの形と数でさらなる飛距離を求めたのが、ミズノのゴルフボール「RB 566Sボール」。

大小566個のディンプルを採用することで、ボールを打ってから最高到達点までの揚力はもちろん、落下し始めてからも空気抵抗を考えて飛距離を伸ばしているそうです。

世界最多のディンプル数で飛距離を伸ばすのも良いかもしれませんね。


ゴルフボールのディンプルの役割

ディンプルはでゴルフボールをより遠くにまっすぐ飛ばすためにある。
ディンプルとは、ゴルフボールの表面に施された小さなくぼみのこと。

ゴルフボールの「飛び」を左右するモノですね。

空中を飛んでいるゴルフボールには、
地球の中心に向かって引きつけられる力(重力)のほかに、
持ち上げる力(揚力)と空気抵抗(抗力)という力が作用しています。

もちろん空気抵抗が少ない方が、よりボールを遠くに飛ばすことができます。

ディンプルは、
ボールを持ち上げる力をもたせる役割も果たしているが、
持ち上げる力は小さすぎても大きすぎても遠くに飛びません。

ディンプルの形状などを研究することで、
空気抵抗をより小さくしたり、ボールを持ち上げる力も、
ちょうどいい感じになるように調整しています。

つまり、
ディンプルはでゴルフボールをより遠くにまっすぐ飛ばすためにあります。

ちなみに、世界最多ディンプル数は、ミズノのRB 566S ボール。
大小566個のディンプルを採用しています。


2ピースと3ピースボールの違い

2ピースなら2種類、3ピースなら3種類の層を組み合わせた多層構造のボールのこと

2ピースと3ピースボールとは、
2ピースなら2種類、3ピースなら3種類の層を組み合わせた多層構造のボールのこと。

それぞれの素材の違いで飛距離性能やコントロール性能、フィーリングなどを調整しています。

一般的には、
2ピースは、低スピンで飛距離がでますが、低スピンなのでボールが止まりにくい傾向にあります。

3ピースは、カバーとコアの間にもう一つの層があるので、ドライバーではスピンを抑え、ウェッジなどではスピンがかかるように設計できます。

ここでよく言われることが、4ピースなど多層構造になればなるほどいいゴルフボールかというと、そうとは言えません。

多層にすることによって、目指す性能に自由に設計できるが、すべてがうまく機能するとは限らないからです。

ちなみに、テーラーメイドは5層構造のボールがあります。


エプソムソルトに浮かせてゴルフボールを選ぶ

エプソムソルトに浮かせてゴルフボールを選ぶのイメージ画像

デシャンボーは、大学で物理学を専攻し、自ら「僕はある意味、ゴルフ科学者」と言うぐらい科学的にゴルフを分析してプレイしていることでも有名です。そんなデシャンボーは、ゴルフボールも自分なりの実験で選んでいます。その方法は、エプソムソルトにゴルフボールを浮かせて調べているそうです。エプソムソ


ブライソン・デシャンボー プロ転向でボールはブリヂストン

2016年マスターズで一時首位争いをするなど活躍を見せたブライソン・デシャンボー。PGAツアーRBCヘリテージでプロデビューした。RBCヘリテージの結果は、4位と素晴らしい成績。そんなブライソン・デシャンボーの契約メーカーは、クラブやキャディーバッグを含むアパレルではコブラ・プーマ・ゴルフと


ビッグサイズで打ちやすい、キャロウェイ スーパーソフト マグナ ボール発売

ビッグサイズで打ちやすい、キャロウェイ スーパーソフト マグナ ボール発売のイメージ画像

ボールのサイズを大きくすることで、安定した飛距離を実現しようと考えたのがキャロウェイ スーパーソフト マグナ ボール。今までは、一番飛ぶボールは規格ギリギリで作ることに力を入れていました。それが、研究を重ねることで実はそうではないのではと考え出しました。通常ならば、ボールのサイズが大きく


ゴルフボールのルール

ゴルフボールのルールのイメージ画像

ゴルフボールは好きなボールを使えるとはいえ、何でも良いわけではない。そこで、最低限のゴルフボールのルールをお伝えします。ゴルフボールの規格の基本は、「飛びすぎないボール」そのため、大きさ(直径)、重さ、決められた条件下での初速などが制限されています。では、ゴルフボールのルールを考えて


軽量ゴルフボール「コルテオライト」が飛ぶ理由

軽量ゴルフボール「コルテオライト」が飛ぶ理由のイメージ画像

一番飛ぶゴルフボールとして考えられていたのが、ゴルフボールの制限、ギリギリで作ることでした。それが技術の進化、研究の成果で、ゴルフボールの常識を覆すような軽量ボールやビッグサイズのボールが出てきています。そんな中、軽量ボールで飛ばすムジークの「コルテオライト」が人気を集めています。ゴルフ


Top へ