ゴルフボールの選びのコツ

ゴルフボールの選びのコツを知れば、あなたのプレイスタイルにあったゴルフボールの選び方がわかる。

ゴルフボールの選びの基準は、

ヘッドスピードの速さに合ったゴルフボールを選ぶ。

ゴルフボールの選び方として思いつくのが、トッププロが使用するゴルフボールを選ぶ選び方ですよね。でも本当にそれで良いと思いますか?やはりゴルフボールは自分にあったボールを選ぶべきです。

ゴルフボール選びの基準は、ヘッドスピードの速さ。

ヘッドスピードが速ければ速いほどゴルフボールの飛びに影響します。そのため、ゴルフボールの選び方の例として、ヘッドスピードの速い人で安定度に欠ける人は、スピン量を抑えたディスタンス系の方が曲がりも少なく、ランも出るのでオススメのゴルフボールになります。

また、女性ゴルファーのほとんどがヘッドスピードが遅いため硬いボールを使うと、そのボールの性能を引き出すことができずに飛距離を落としてしまいます。したがって初心者やヘッドスピードの遅いゴルファーは、柔らかいディスタンス系を選ぶのがゴルフボールの選び方のポイントになります。

つまり、自分に合ったゴルフボールを選ぶことができれば、ヘッドスピードの速い人でも遅い人でも飛距離やスピン量をコントロールすることができ、結果的にゴルフが楽しくプレイできる可能性が見えてくるといえます。

ゴルフボールの比較

ゴルフボール性能は、スピン、正確さ、飛距離、耐久性で決まる。

ゴルフボールを比較するための性能は、基本的にスピン、正確さ、飛距離、耐久性で決まります。ちなみに高価なゴルフボールは、これらのすべての項目について優れていると考えられます。

ゴルフボールは構造によって種類が違います。

ゴルフボールの種類として2ピース、3ピース、4ピース。性能の違いでディスタンス系、コントロール系になります。ゴルフボールの構造が違うのは、求めているボールの飛び方などの性能が違うためです。ゴルファーの求めている性能を出すために2ピース、3ピースなどの構造があります。比較的に複雑な構造のゴルフボールは価格が高くなる傾向にあります。

ゴルフの魅力を聞かれたらほとんどのゴルファーが「飛距離」と答えるでしょう。でもアプローチでボールがピタッと止まる方が良いと言うゴルファーもいます。このゴルフスタイルがディスタンス系とコントロール系の2つに分かれるのです。

ディスタンス系ゴルフボールは、
「ドライバーでもロングアイアン、ショートアイアン何でもとにかく飛んだほうがいい」
「飛距離で攻めたい」
と言うゴルファー向けに作られたゴルフボール。

コントロール系ゴルフボールは、
「ドライバーの飛距離よりアイアンの正確性だ」
「アプローチでピタッと止まるボールが打ちたい」
「最低これぐらいのスピン量はないと」
といったゴルファー向けに作られたゴルフボールです。

ディスタンス系ゴルフボールは初心者向け

スピン量を抑えて遠くへ飛ばしたければディスタンス系ゴルフボールを選ぶ

ディスタンス系ゴルフボールとは、飛距離重視の比較的ヘッドスピードの遅い初心者向けのゴルフボールになります。

ディスタンス系ゴルフボールが飛ぶ理由は、ボールのコアが柔らかくできているためボールが潰れやすくスピン量を減らすことができるので飛距離が出るようになっています。

ディスタンス系ゴルフボールは、ヘッドスピードが遅い分ゴルフボールの性能を上手く利用してボールを遠くまで飛ばすことができるのです。

ディスタンス系ゴルフボールの欠点はスピンがかかりにくいためコントロールショットには向かない。カバーも硬いので打感がコツコツと硬い感じがします。

スピン系ゴルフボールは上級者向け

ボールをコントロールしたい人は、スピン系ゴルフボールを選ぶ

スピン系ゴルフボールとは、スピンが多くかかるためコントロールショットがしやすい比較的上級者向けのゴルフボールになります。

スピン系ゴルフボールのスピンがかかる理由は、ボールのカバーが柔らかくできているためアイアンの溝に食い込みボールにスピンがかかる仕組みになっているからです。

スピン系ゴルフボールは、アプローチでボールをピタッと止めたい、ボールを右や左に曲げたいなどボールを自在にコントロールすることができます。

スピン系ゴルフボールの欠点は、右や左にボールの弾道が安定しないゴルファーが使うと、さらにボールが曲がってしまいます。

ウレタンディスタンス系ゴルフボールは人気のボール

ウレタンディスタンス系ゴルフボールは理想のボール

ウレタンディスタンス系ゴルフボールは飛んで止まる理想のゴルフボール。

今までのゴルフボールといえばディスタンス系、スピン系の大きく分けて2種類でした。

一般的にディスタンス系ゴルフボールは、初心者やアベレージゴルファー向けで飛ばしたい人が選ぶボール。スピン系ゴルフボールは、プロや上級者向けでスピンを利かせてボールを止めたい、コントロールしたい人が選ぶボール。

それが技術の進歩で飛んで止まるのだから理想的なゴルフボールと言えます。

ウレタンディスタンス系ゴルフボールの仕組みは、
ボールのカバーはウレタンでやわらかく出来ているのでスピンをかけやすい。ボールのコアはディスタンス系と同じく柔らかく出来ているのでヘッドスピードが遅い人が打ってもボールを潰せて飛距離が出て曲がらないようになっています。

最新記事一覧

最新記事を紹介します。

ゴルフボールの飛距離を決める初速

ゴルフボールを遠くへ飛ばす要素のひとつは、初速を速くすること。と言うことは、初速の速くなるゴルフボールを開発すれば飛距離がアップすると言うことになrります。今の技術進化を考えれば当然アマチュアでも300ヤードを飛ばせるゴルフボールを作るのは可能だろう。しかしそう甘くないのが現実。ゴル ...(続く)

ゴルフボールのディンプルの役割

ディンプルとは、ゴルフ-ボールの表面に施された小さなくぼみのこと。空中を飛んでいるゴルフボールには、地球の中心に向かって引きつけられる力(重力)のほかに、持ち上げる力(揚力)と空気抵抗(抗力)という力が作用している。もちろん空気抵抗が少ない方がよりボールを遠くに飛ばすことができる。ディンプル ...(続く)

コンプレッションでゴルフボールを選ぶ

コンプレッションとは、ゴルフボールの硬さを数値で表したもの。この数値が小さいほどボールが柔らかいといえます。以前はこの数値を基準にコンプレッション100以上がハードヒッターやプロ向けといわれていました。しかし、今のゴルフボールの進化ではそうもいえなくなっています。例えば、ダンロップスリクソン ...(続く)

レディース用ゴルフボールの選び方

ゴルフボールは厳しい規格制限がありその規格にあったゴルフボールが売られている。特に男性用や女性用に規格がもうけられていないので、レディース用ゴルフボールと言う規格のボールはない。でもレディース用ゴルフボールとして販売されているものはあります。ではレディース用ゴルフボールの違いは何かというと? ...(続く)

ゴルフの技術レベルでボールを選ぶ

人それぞれゴルフの技術レベルがある。例えば、グリーン周りのアプローチショットやバンカーショットでスピンを効かせたショットを打ちたいと思い、コントロール系のゴルフボールを選びますよね。しかし、ドライバーなどミート率の悪いゴルフクラブでミスショットすると、サイドスピンも多くなりフックやスライスと曲が ...(続く)

Top へ