ゴルフボール 選びのコツ

ゴルフボールの選びのコツを知れば、あなたにあったゴルフボールの選び方がわかる。

ゴルフボール 選びのコツ

Head speedゴルフボールの選びのコツ

ヘッドスピードの速さに合ったゴルフボールを選ぶ

ゴルフボールの選びのコツ

ゴルフボールの選び方として思いつくのが、トッププロが使用するゴルフボールを選ぶ選び方ですよね。でも本当にそれで良いと思いますか?やはりゴルフボールは自分にあったボールを選ぶべきです。

ゴルフボール選びの基準は、ヘッドスピードの速さ。ヘッドスピードが速ければ速いほどゴルフボールの飛びに影響します。そのため、ゴルフボールの選び方の例として、ヘッドスピードの速い人で安定度に欠ける人は、スピン量を抑えたディスタンス系の方が曲がりも少なく、ランも出るのでオススメのゴルフボールになります。

また、女性ゴルファーのほとんどがヘッドスピードが遅いため硬いボールを使うと、そのボールの性能を引き出すことができずに飛距離を落としてしまいます。したがって初心者やヘッドスピードの遅いゴルファーは、柔らかいディスタンス系を選ぶのがゴルフボールの選び方のポイントになります。

つまり、自分に合ったゴルフボールを選ぶことができれば、ヘッドスピードの速い人でも遅い人でも飛距離やスピン量をコントロールすることができるといえます。

厳選イチオシゴルフボールを選ぶなら

Comparisonゴルフボールの比較

ゴルフボール性能は、スピン、正確さ、飛距離、耐久性で決まる

ゴルフボールの比較

ゴルフボールの性能は、基本的にスピン、正確さ、飛距離、耐久性で決まります。ちなみに高価なゴルフボールは、これらのすべての項目について優れていると考えられます。

ゴルフボールは構造によって種類が違います。ゴルフボールの種類として2ピース、3ピース、4ピース。性能の違いでディスタンス系、コントロール系になります。ゴルフボールの構造が違うのは、求めているボールの飛び方などの性能が違うためです。ゴルファーの求めている性能を出すために2ピース、3ピースなどの構造があります。比較的に複雑な構造のゴルフボールは価格が高くなる傾向にあります。

ゴルフの魅力を聞かれたらほとんどのゴルファーが「飛距離」と答えるでしょう。でもアプローチでボールがピタッと止まる方が良いなんてゴルファーもいます。このゴルフスタイルがディスタンス系とコントロール系の2つに分かれるのです。

ディスタンス系は「ドライバーでもロングアイアン、ショートアイアン何でもとにかく飛んだほうがいい」「飛距離で攻めたい」と言うゴルファー向けに作られたゴルフボール。
コントロール系は「ドライバーの飛距離よりアイアンの正確性だ」「アプローチでピタッと止まるボールが打ちたい」「最低これぐらいのスピン量はないと」といったゴルファーに答えるためのゴルフボールです。

ディスタンス系ゴルフボールは初心者向け

ディスタンス系ゴルフボールは飛距離重視で初心者向け

ディスタンス系ゴルフボールは初心者向け

ディスタンス系ゴルフボールとは、飛距離重視の比較的ヘッドスピードの遅い初心者向けのゴルフボールになります。

ディスタンス系ボールが飛ぶ理由は、ボールのコアが柔らかくできているためボールが潰れやすくスピン量を減らすことができるので飛距離が出る構造になっているからです。

ディスタンス系ボールは、ヘッドスピードがない分ゴルフボールの性能を上手く利用してボールを遠くまで飛ばすことができるのです。

ディスタンス系ゴルフボールの欠点はスピンがかかりにくいためコントロールショットには向かない。

スピン系ゴルフボールは上級者向け

スピン系ゴルフボールはコントロール重視で上級者向け

スピン系ゴルフボールは上級者向け

スピン系ゴルフボールとは、スピンが多くかかるためコントロールショットがしやすい比較的上級者向けのゴルフボールになります。

スピン系ボールのスピンがかかる理由は、ボールのカバーが柔らかくできているためアイアンの溝に食い込みボールにスピンがかかる仕組みになっているからです。

スピン系ボールは、アプローチでボールをピタッと止めたい、ボールを右や左に曲げたいなどボールを自在にコントロールすることができるのです。

スピン系ゴルフボールの欠点は、右や左にボールの弾道が安定しないゴルファーが使うと、さらにボールが曲がってしまいます。

Top へ