ゴルフボールのディンプルの役割

ディンプルはでゴルフボールをより遠くにまっすぐ飛ばすためにある。

ゴルフボールのディンプルの役割

ディンプルはでゴルフボールをより遠くにまっすぐ飛ばすためにある。

ディンプルとは、ゴルフ-ボールの表面に施された小さなくぼみのこと。

空中を飛んでいるゴルフボールには、地球の中心に向かって引きつけられる力(重力)のほかに、持ち上げる力(揚力)と空気抵抗(抗力)という力が作用している。もちろん空気抵抗が少ない方がよりボールを遠くに飛ばすことができる。

ディンプルは、ボールを持ち上げる力をもたせる役割も果たしているが、持ち上げる力は小さすぎても大きすぎても遠くに飛ばない。ディンプルの形状などを研究することで、空気抵抗はより小さくすることができ、ゴルフボール持ち上げる力はボールの構造やスピン量に応じてちょうどいい感じになるように調整している。

つまり、ディンプルはでゴルフボールをより遠くにまっすぐ飛ばすためにある。

ゴルフボールのディンプルの役割 関連記事

ゴルフボールの飛距離を決める初速

ゴルフボールを遠くへ飛ばす要素のひとつは、初速を速くすること。と言うことは、初速の速くなるゴルフボールを開発すれば飛距離がアップすると言うことになrります。今の技術進化を考えれば当然アマチュアでも300ヤードを飛ばせるゴルフボールを作るのは可能だろう。しかしそう甘くないのが現実。ゴル...続く

ディスタンス系ゴルフボールは初心者向け

ディスタンス系ゴルフボールとは、飛距離重視の比較的ヘッドスピードの遅い初心者向けのゴルフボールになります。ディスタンス系ゴルフボールが飛ぶ理由は、ボールのコアが柔らかくできているためボールが潰れやすくスピン量を減らすことができるので飛距離が出るようになっています。ディスタンス系ゴルフボールは...続く

スピン系ゴルフボールは上級者向け

スピン系ゴルフボールとは、スピンが多くかかるためコントロールショットがしやすい比較的上級者向けのゴルフボールになります。スピン系ゴルフボールのスピンがかかる理由は、ボールのカバーが柔らかくできているためアイアンの溝に食い込みボールにスピンがかかる仕組みになっているからです。スピン系ゴルフボー...続く

ウレタンディスタンス系ゴルフボールは人気のボール

ウレタンディスタンス系ゴルフボールは飛んで止まる理想のゴルフボール。今までのゴルフボールといえばディスタンス系、スピン系の大きく分けて2種類でした。一般的にディスタンス系ゴルフボールは、初心者やアベレージゴルファー向けで飛ばしたい人が選ぶボール。スピン系ゴルフボールは、プロや上級者向けでスピ...続く

Top へ