ゴルフボールのルール

ゴルフボールは好きなボールを使えるが、最低限のルールはあるのでお伝えします。

作成日:
ゴルフボールのルールのイメージ画像

ゴルフボールは好きなボールを使えるとはいえ、何でも良いわけではない。
そこで、最低限のゴルフボールのルールをお伝えします。

ゴルフボールの規格の基本は、「飛びすぎないボール」

そのため、大きさ(直径)、重さ、決められた条件下での初速などが制限されています。

では、ゴルフボールのルールを考えて
「一番飛ぶボール」を作るとしたらどうなるかと言うと、

重量は重い方が飛び、大きいより小さい方が空気抵抗が少なく飛ぶので、
ルールギリギリの重さと大きさで作ればいい。

最近では、技術の進化により、
飛ぶ軽量ゴルフボールやビッグサイズのボールが出ています。

ゴルフボールの規格

大きさは、直径42.67ミリ以上
重さは、45.93グラム以下

ゴルフボールのルール 関連記事

3ピースボールとは

3ピースボールとは、カバーと2層のコアで作られて3層構造のボールのこと。主にツアーボールと言われるプロ仕様のゴルフボールに多いタイプ。比較的高価なゴルフボールでスピン系ゴルフボールによく使われています。3ピースボールの特徴は、カバーが柔らかく、外側のコアを硬くし、内側のコアを柔らかくして...続く

2ピースボールとは

2ピースボールとは、カバーとコアの2層で作られてボールのこと。主に激安ボールなど比較的安価なゴルフボールに多いタイプ。2ピースボールの特徴は、カバーが硬く、コアが柔らかいディスタンス系ゴルフボールが多い。スピン量が少なくなるので、曲がりにくく飛ばしに有利になる。...続く

2ピースと3ピースボールの違い

2ピースと3ピースボールとは、2ピースなら2種類、3ピースなら3種類の層を組み合わせた多層構造のボールのこと。それぞれの素材の違いで飛距離性能やコントロール性能、フィーリングなどを調整しています。一般的には、2ピースは、低スピンで飛距離がでますが、低スピンなのでボールが止まりにくい傾向に...続く

Top へ