ゴルフボールの選び方 質問と回答

ゴルフボールの選びのだれもが疑問に思う、よく出てくる質問。

ゴルフボール FAQ

ゴルフボールのいいやつ?

ゴルフボールのいいやつとパソコンで一番いいやつって同じ?

「ゴルフボールのいいやつ」ってどれ?言う人いますよね。「パソコンで一番いいやつください」って言うのと同じで、値段の高いパソコン買えば確かに高性能でいろんなことができる。しかし、その機能が本当にあなたに必要かと言えばそうとも言えない。インターネットやメール、エクセルやワードを使う程度なら高性能パソコンは不要な機能が多く無駄金になってしまう。

高いゴルフボールも同じで素材や構造にお金がかかっているので、ボールとしてはいいに決まっている。しかし、高性能パソコンと同じであなたにとって必要なのか?と言うことになる。ゴルフボール選びはあなたのレベルやプレイスタイルがどうなのかが問題。あなたのやりたいことプレイスタイルやミスショットを補うゴルフレベルをカバーしてくれるゴルフボールを選べばあなたにとっていいゴルフボールになる。

2ピースと3ピースボールの違い

2ピースなら2種類、3ピースなら3種類の層を組み合わせた多層構造のボールのこと

2ピースと3ピースボールの違い

2ピースと3ピースボールとは、2ピースなら2種類、3ピースなら3種類の層を組み合わせた多層構造のボールのことでそれぞれの素材の違いで飛距離性能やコントロール性能、フィーリングなどを調整しています。

ここでよく言われることが4ピースなど多層構造になればなるほどいいゴルフボールかというとそうでもない。多層にすることによって目指す性能に自由に設計できるがすべてがうまく機能するとは限らない。

ディスタンス系ボールて何の意味?

ディスタンス系はとにかく飛んだほうがいいという人向けに開発されたゴルフボール。

ディスタンス系ゴルフボールとは、飛ばしたいと思うゴルファーのために開発されたボールのこと。ドライバーが安定しない人がスピン系のゴルフボールを使うとスピンがかかり余計に曲がってしまう。

その点、ディスタンス系ボールは、スピンがかかりにくいのでボールが曲がりにくく、ドライバーショットやフェウェイウッド、ユーティリティなどで距離を稼ぐことができる。

ヘッドスピードが遅い人のためのボールは?

自分のヘッドスピードに合ったゴルフボールを選ぶ

柔らかいゴルフボールを選ぶこと。

ヘッドスピードの遅い人が硬いボールを打つと、ゴルフボールの性能を引き出すための十分な変形量(つぶれ具合)が小さくなり飛距離が出なくなる。逆にヘッドスピードの速い人が柔らかいボールを打つとゴルフボールが潰れすぎて飛ばなくなる。

つまり、自分のヘッドスピードに合ったゴルフボールを選ぶことが大切。

ヘッドスピードが遅い人のボールは4ピース?

2ピース、3ピース、4ピースとは、ボールの構造のこと。

そもそも2ピース、3ピース、4ピースとは、ボールの構造のことで、2ピースは2層、3ピースは3層、4ピース4層構造のこと。なぜ多層構造になっているかというと、それぞれの層の素材を調整することで、飛距離性能やコントロール性、フィーリングをソフトにするなどゴルファーの求める性能に特化できるため。

つまり、2ピース、3ピース、4ピースだからヘッドスピードが遅い人向けとは一概に言えない。ゴルフボールには適応ヘッドスピードがあるので自分のヘッドスピードを参考にゴルフボールを選ぶといいでしょう。

Top へ